ドラッグストア バイト

ドラッグストアのバイト記事一覧

ドラッグストアのバイトの評判やイメージをもとに人気の秘密を教えます。

ドラッグストアのバイトは、忙しい中でも自分を高めることができると評判です。まじめで白衣を着て働くイメージが強いバイトですが、実際に働いている人たちの感想は、2chの口コミ情報とは多少異なります。インターネットの口コミでは、ドラッグストアのバイトはコンビニとたいして変わらないともいわれています。>>急...

≫続きを読む

ドラッグストアのバイトの面接内容と受からない理由を掲載します。

ドラッグストアのバイトの面接は、勤務できる曜日や時間と志望動機について聞かれます。勤務できる曜日と時間は必ず聞かれる質問なので事前に答える準備をしておきましょう。志望動機は持参する履歴書にも記入しますが、面接でも口頭で聞かれます。長期で働く意思を伝えられて、働くことが好きである内容が印象がいいでしょ...

≫続きを読む

ドラッグストアのバイトの楽しいところときついところを分析しました。

ドラッグストアのバイトは、化粧品や日用品を多く扱うことから、とくに女子は楽しく働くことができると思われがちです。しかし実際は、日用品といってもトイレットぺーパーのようにかさばる商品が多く、品出しが大変です。忙しい時間帯は商品の回転も速いため、ひっきりなしに品出しをしなければなりません。ペーパー類は軽...

≫続きを読む

ドラッグストアのバイトの髪型や髪色について掲載しています。

ドラッグストアのバイトは髪型や髪色はとても厳しいチェックがあります。厳しいところだと茶髪を禁止して黒髪が指定の店もあります。ドラッグストアでバイトをする場合は、黒髪か黒に近い茶髪に染め直してから面接に行く方が採用されやすいでしょう。ドラッグストアは医薬品や食品を販売するため清潔感を重視します。頭髪や...

≫続きを読む

ドラッグストアのバイトの仕事内容とコツを教えます。

ドラッグストアのバイトは、最初からレジを習うわけではなく、力仕事から始まります。薬や化粧品の知識がなくてもできる商品の整理や品出しが中心です。品出しをしながら、商品の陳列位置や時間帯ごとの客の出入りを体で覚えていきます。ドラッグストアのバイトは、コンビニのように同じ位置でレジを打つ時間よりも、店内を...

≫続きを読む

ドラッグストアのバイトの時給と資格について解説します。

ドラッグストアのバイトの時給はとくに資格がなければ、800円〜900円程度です。一般的なバイトの時給と差はありません。しかし、ドラッグストアは医薬品を扱うことから薬剤師の資格を持っていると優遇されます。薬剤師の資格があれば、時給は1500円〜2000円程度まで跳ね上がります。ただ、薬剤師になるために...

≫続きを読む

ドラッグストアのバイトの研修内容を公開します。

ドラッグストアのバイトに採用が決まると、研修を受けます。会社によっては研修はバイト初日から店内で実戦を兼ねて行うこともあります。ただ、最初からレジに入ることはなく店内で商品を並べたり、先輩と一緒に接客にあたったりします。研修期間は、1か月程度が多く研修期間中の時給は下がることが多いです。研修期間中は...

≫続きを読む

ドラッグストアのバイトのシフトと気になる人間関係について説明します。

ドラッグストアのバイトは希望がある程度は通るシフト制が多いです。シフトは、事前に希望する休日や勤務時間を提出して責任者が作成することになりますが、土日や年末年始は忙しくなるため、休みはとりづらいでしょう。勤務日数も週2日以上であることが多く、短期の募集は少ないようです。ただ、短期勤務や少ないシフトで...

≫続きを読む

ドラッグストアのバイトの社割やメリットなど知りたいけれど聞きにくい情報を集めまし...

ドラッグストアのバイトを始める志望理由が「試供品をもらえるから」という特典を期待している人もいるのではないでしょうか。確かに店によってはサンプルや試供品をもらえることもあります。しかし、あまり期待してバイトを始めるとがっかりすることもあるようです。店によっては、社割が使える商品がとても限定的であった...

≫続きを読む

ドラッグストアのバイトのやりがいについて熱く語ります。

ドラッグストアのバイトは、ただ商品を販売するだけでなく、体調が悪く困っている人の力になることができるため、やりがいを感じられるバイトです。仕事内容は商品の品出しなど人助けとは関係が内容に感じますが、ドラッグストアではお客様から商品について質問を受ける機会が多く、陳列作業をしながらでも案内や説明をしま...

≫続きを読む