ドラッグストアのバイトの時給と資格について解説します。

ドラッグストアのバイトの時給と資格について解説します。

ドラッグストアのバイトの時給はとくに資格がなければ、800円〜900円程度です。

 

一般的なバイトの時給と差はありません。

 

しかし、ドラッグストアは医薬品を扱うことから薬剤師の資格を持っていると優遇されます。

 

薬剤師の資格があれば、時給は1500円〜2000円程度まで跳ね上がります。

 

ただ、薬剤師になるためには薬学部の6年生課程を修了し国家試験に合格しなければなりません。

 

>>急募!ドラッグストアのバイト求人を見てみる<<

 

国家試験の難易度も高く、資格取得までには膨大な時間とお金がかかります。

 

薬剤師の資格があると、ドラッグストアで扱う第1類医薬品の説明をすることができます。

 

もしもドラッグストアで働くうちに少しでも医薬品の知識を高めてスキルアップしたいと思うようならば、2009年に誕生した登録販売者の資格取得をおすすめします。

 

薬剤師の資格よりも格段に難易度は低くなり、ドラッグストアで扱う医薬品の9割の販売ができる有用性の高い資格です。

 

登録販売者資格は以前は受験資格に実務経験が必要でしたが、2015年からは実務経験が不要になったため受験資格がなくなりました。

 

薬品販売が未経験でも受験することができる資格なので、ドラッグストアで働きながらチャレンジすることができます。

 

ウェルシアやクリエイトでは、登録販売者資格を持っていると資格手当がついたり、店長候補者として採用されるため給料もバイトよりもかなり高くなります。

 

登録販売者資格を持っていることを条件に、正社員登用制度を設けている会社も多くあります。

 

合格率は約50%とけして簡単な資格ではありませんが、取得する価値はある資格です。

 

>>新着あり!ドラッグストアのバイト求人を見てみる<<

関連ページ

評判やイメージをもとに人気の秘密を教えます。
ドラッグストアのバイトの評判は?イメージとは違う実情やおすすめポイントをすべてお話しします。
面接内容と受からない理由を掲載します。
ドラッグストアのバイトの求人や面接、落ちた理由について考えます。印象がいい履歴書の書き方などのお得情報も満載です。
楽しいところときついところを分析しました。
ドラッグストアのバイトは楽しい面と厳しい面があります。具体例をあげながらわかりやすく解説します。
髪型や髪色について掲載しています。
ドラッグストアのバイトの髪型の規定とは?ピアスやネイルがどこまでが許されるのかをはっきり答えます。
仕事内容とコツを教えます。
ドラッグストアのバイトは覚えることがたくさん!仕事内容やコツを詳しく説明します。
研修内容を公開します。
ドラッグストアのバイトの研修とは?バイト初日の流れをわかりやすく掲載しています。
シフトと気になる人間関係について説明します。
ドラッグストアのバイトのシフトはどうなってる?人間関係はいいの?男女比や年齢層など人間関係に重要な内容にも触れています。
社割やメリットなど知りたいけれど聞きにくい情報を集めました。
ドラッグストアのバイトは試供品がもらえる?メリットとノルマなど、いい面と気になる面の両方を明らかにします。
やりがいについて熱く語ります。
ドラッグストアのバイトはやりがいがある一方で、ドラッグストアならではの悩みもあるようです。その具体的な内容もこっそりお話しします。